久喜市久喜本の歯医者ならゆもとデンタルクリニック

久喜の歯科・歯医者 ゆもとデンタルクリニック

0480448217

診療時間9:00~13:00 / 15:00~19:00

※日曜・祝日休診

お問い合わせ

ネット予約

虫歯治療

当院の虫歯治療

より正確で痛みの少ない治療のために

当院ではより正確で、かつ痛みを軽減し、患者様にとって受けやすい治療を目指しています。
その一環として以下のような治療器具、機器の導入などを行っています。
最初に表面麻酔にて粘膜の感覚をなくし、必要に応じて自動麻酔注射器を使い、一定量でゆっくりと麻酔を施すことで痛みはより減少していきます。またこの時、麻酔で使用する針は世界で最も細いとされる35G(ゲージ)の注射針を使用しています。さらに歯科用ルーペを用い、視野を拡大することで、細部まで視ることができ、痛みの少ない治療を実現しています。う蝕検知液などで染め出し、確実な虫歯治療を行っています。

  • 自動麻酔注射器
  • 表面麻酔
  • 35Gの極細針を使用
  • 歯科用ルーペ(拡大鏡)の使用
  • う蝕検知液の使用

C1

自動麻酔注射器

C2

歯科用ルーペ

虫歯が発生する原因とは

虫歯はどのようにして起こるのでしょう。
原因である虫歯菌は食べ物の糖分を利用して酸を作り歯を溶かします。糖分は虫歯菌と結びつくことにより、粘着物質を生み出し、歯に付着します。さらに、菌を増殖させる手助けを行います。これにより、集まった細菌の塊を「プラーク」と言います。
プラークを除去し、お口の中を清潔に保つことで、虫歯は防ぐことのできる病気です。

虫歯の進行

C1

C1

歯の表面(エナメル質)に小さな穴が空いた状態です。
痛みを感じることはほとんどありません。

C2

C2

穴が象牙質にまで達した状態です。歯磨きなどによる直接的な刺戟を受けなければ痛くないことがほとんどです。
虫歯が神経に近づいたことで食べ物や飲みものによる刺激で沁みたり痛んだりします。

C3

C3

虫歯が神経まで達すると、日常生活でも激しい痛みを感じるようになります。症状によっては、歯の神経を取り除く根管治療を行います。

C4

C4

歯全体が虫歯菌に侵食された段階では、ほとんどの場合「抜歯」という選択肢となります。早期に発見できた場合は、根管治療を提案できることもあります。
虫歯は大きくなればなるほど、必要な処置が増え回数や期間がかかります

根管治療について

根管治療について

歯の根にある神経の通った管を「根管(こんかん)」といいます。虫歯の進行が神経まで達すると、「根管治療」が必要になります。
この根管治療で大切なポイントは、根の中を清掃し、歯の中で繁殖している菌を徹底的に除去することです。
根管は一人一人異なった形状をしており、構造も複雑で、汚れている状態も異なるため、治療期間や回数は様々です。歯の根管部分をしっかり改善しないと上から補修や被せ物をしてもすぐに再治療が必要になってしまうため、根管治療は重要なのです。
当クリニックでは治療経過などをしっかりお伝えすることで、不安を解消し、モチベーション高く通っていただくことを大切にしています。
また根管治療の成功率をより高め、患者様の負担を減らすため、清掃時にはニッケルチタンファイルを用いた治療機器等を導入しています。

虫歯にならないために

歯医者に行く際は「痛みが出てから」がほとんどかと思います。悪くなってから治療するのではなく、悪くなる前に未然に防ぐことを心掛けましょう。当院では、食後の歯のケア方法、歯科衛生士によるブラッシング指導などを行っております。
また、歯磨きで落としきれなかったプラーク(歯垢)は歯石となり、歯にこびりつきます。歯石を定期的に除去することも虫歯予防、また歯周病予防に必要です。当院では歯科衛生士によるプロフェッショナルケアを行っております。お気軽にご相談ください。

予防歯科

虫歯にならないために

診療時間

勉強会のため、不定期で17:30に診療を終了する場合がございます。
まずはお電話でお問い合わせください。