久喜市久喜本の歯医者ならゆもとデンタルクリニック

久喜の歯科・歯医者 ゆもとデンタルクリニック

0480448217

診療時間9:00~13:00 / 15:00~19:00

※日曜・祝日休診

お問い合わせ

ネット予約

歯を補う治療

歯を補う治療について

歯が欠けたり、なくなったりした場合、補綴物(人工物)で補うことが必要です。
当院では「食べ物をしっかり噛めるようになりたい」「より違和感の少ない物を製作してほしい」といったご要望にお応えするため、義歯(金属床義歯、ノンクラスプデンチャーなど)インプラント治療、接着性ブリッジ、歯牙移植など様々なタイプの歯を補う治療を提案しています。
また、「他院で作ってもらった技工物に違和感がある」などのお悩みがあれば是非ご相談ください。

歯を補う治療の種類

入れ歯(義歯)

失った歯の部分に着脱式の人工の歯を装着します。
着脱式なのでメインテナンスがしやすくなっています。
保険診療でも作製できるため比較的にコストを抑えることができるのですが、見た目は天然歯との違和感が大きく、歯肉の上に乗っているので、あまり強く噛むことができません。

メリット
  • 外科的処置が必要ありません。
  • 保険適用になります。(使用する入れ歯によっては適用外になる場合があります)
  • 取り外すことができるので、外して患者様ご自身でメンテナンスすることができます。
  • ブリッジに比べ歯を削る量が少なく済みます。
  • 広い範囲で適応可能です。
デメリット
  • 部分入れ歯の場合、支えるための金属のばねが目立って見える場合があります。
  • 歯肉の上に装着されているため、あまり強く噛むことができません。
  • 見た目、使用した際に、違和感・異物感を感じます。
  • 温度を感じにくくなるため、味覚にも影響が出る場合があります。
  • 構造的に外れやすく、使い慣れるのに時間が掛かります。
  • 引っ掛ける歯に負担がかかります。
  • 安定した入れ歯にするために、固定源の歯の形を削って整える事が有ります。
総入れ歯と部分入れ歯

入れ歯(義歯)はなくしてしまった歯に応じて、総入れ歯と、部分入れ歯に分類され、総入れ歯は歯茎全体を支えに、部分入れ歯はバネで残った歯を支えにしています。近年の技術の発達により、入れ歯も質の良いものが多数開発されており、歯茎にフィットしてずれにくいものや、痛みが少ないもの、金属の金具が無く見た目が良いもの、食べ物の温度を伝えることで味を感じやすくするものなど、実にさまざまな種類があります。私たちはそれぞれの患者様の多様なご希望にできる限り寄り添う提案をすることを心がけています。

ブリッジ

失った歯の両隣にある歯を削り、橋のような形状の補綴物でつないで歯を作ることをいいます。
支えがあるからこそしっかり固定され、入れ歯よりもしっかりと噛める感覚がありますが、支えとなる歯があることが前提であるというのと装着前の処置として健康な歯の場合でも削らないといけないため、歯の寿命を縮める場合もあります。

メリット
  • 外科的処置が必要ありません。
  • 保険適用になります。(使用素材によっては適用外になる場合もあります)
  • しっかり固定されるため、違和感が少なくなります。
  • 噛む力が維持されます。
  • 審美性を重視したブリッジの場合、自然な見た目に回復できます。
デメリット
  • ブリッジを支える歯の負担が大きくなります。
  • 基本的に支えとなる左右の歯がない場合は装着できません。
  • 健康な歯でもブリッジの装着のために両隣の歯を削る必要があります。
  • つながっている為汚れがたまりやすく、きれいにするのに慣れが必要です。

インプラント

人工歯根(インプラント体)を歯を失った箇所に埋めて、そこを土台に人工の歯を装着したものです。
天然歯に近い感覚で噛むことができるようになり、素材選びにより天然歯に近い見た目を実現することも可能です。日頃のケアを丁寧に行っていけば、永続的にその機能や審美性を保つことが期待できます。詳細をインプラントのページでも紹介しています。

インプラント

メリット
  • 周りの健康な歯を削らない。
  • 骨にしっかりと結合し自立するため、他の歯に負担を掛けません。
  • 噛む力や食感が天然歯に近い。
デメリット
  • 保険適用外の治療です。
  • 治療期間が長くなる恐れがあります。
  • インプラント埋入に外科処置が必要になります。

その他の処置の方法

失った歯の回復方法はインプラントだけではありません。失った部分の状態、周囲の歯の状態、また、口腔内全体を総合的に診断した場合によっては、インプラント治療以外の治療法の方が優れている場合もあります。状況、状態を診断したうえで、より良い方法を提案させていただきます。

接着性ブリッジ
接着性ブリッジとは、人工歯部分と土台となる歯をコンポジットレジンによって接着して失った歯を補う方法です。歯の表層の一部分を削るだけで、土台となる歯をほとんど削らない侵襲性の低い補綴方法です。見た目的にはブリッジと同じように自然な仕上がりに見えます。
歯牙移植
「自分の歯を極力残したい」という希望を叶えるために歯牙移植という選択肢がございます。
歯牙移植とは、治療することができない歯を抜いて、その場所へ本人の親知らずなどの歯を移す治療です。
歯牙移植は治療のためにいろいろな条件がそろっていないと行えませんが、自分の歯を残すという意味では最良の治療と言えます。

診療時間

勉強会のため、不定期で17:30に診療を終了する場合がございます。
まずはお電話でお問い合わせください。